芦屋市打出教室ブログ

03月 30, 2020

新社会人へ/パーソナル学習会/打出/芦屋市

3月は別れの季節であり、4月は出会いの季節ともいう。春は出会いも別れも多いものである。

今年も自分の教室で働く講師が何人か卒業する。また、たまたま今年は自分の祖父の三回忌、祖母の十三回忌、そして義祖父の一周忌がここ2月3月にあり、忙しさを感じると共に、春は本当に別れが集中するものだと改めて感じる次第である。

また、春は出会いの季節でもある。もちろん、今年も新入社員が数人入社する。新入社員をどうするか、どこの配属になるのか、毎年の一種の楽しみだ。私には1つ気になる言葉がある。新入社員を育てる、ということだ。
育てる、というのはどうだろうか。相手は22年は生きてきた人間であり、全くの無知の人間ではない。生きてきた人生を尊重してあげたいな、というのが本音である。私自身が育成、というものをやることに困らないように自立心を養うものと考えているため、自分の考えを押し付けての育成というものに疑問を感じる。
タイプや考え方というのは人それぞれ異なるものであり、どのように会社に貢献するか、どのように自分の特性を仕事に活かして行くのかは労働者自身で考えるものではないか、と思う。仕事のやりがいだって、人によって違う。感謝の言葉を貰えた時、成績が出た時、社内の人に認められた時、給料が振り込まれた時、ボーナスの時…やりがいなんて様々だ。

これから社会へ入る新社会人はどうか考えるということを忘れずに、そして仕事は人生を楽しませるものだ、ということを参考にして欲しい。この時期この状況だが、ぜひ頑張って人生を楽しんで欲しいと切に願う。

03月 16, 2020

趣味を楽しむ顔/パーソナル学習会/打出教室/芦屋市

12日に公立高校の試験が終わり、塾としてはとりあえず一息ついたところである。
しかし、世の中はコロナウイルスの話題が持ち切りであり、日経平均が大きく下がった。株式投資をしている身としては無視できないニュースである。
せっかくの機会、積立NISAでもしようかと勉強を始めているところだ。こうして自ら考えて学ぶ勉強は楽しい。

また、私はポケモンGOが好きだ。配信されてから数ヶ月だけやって、それ以来全くやっていなかったのだが、去年のお盆頃に義弟がポケモンGOをしており、レイドバトルを教わってからのめり込んだ。自分がやっていた頃から3年、バトルの機能や相棒機能が追加されており、またゲームをしてなくても歩数は記録される機能がとても良かった。私は様々なゲームをすることから、この起動していないと歩数が記録出来ないところに引っ掛かり、後は電池消費が激しいことから早い段階で引退していた。

今はチャーレムを育ててスーパーリーグで使いたいのだが、どうもスーパーリーグは勝率が良くない。ナマズンやマリルリも厳選する必要がある。だからこそ私はウォーキングに出かけることが出来る。これも楽しい、の一言だ。
我こそは自信がある、という人がいればぜひ教授願いたいところである。

色々考えながらゲームをするのは楽しいし、人生を味わい深いものにする。
ゲームは悪影響だ、というニュースが流れた時もゲームは子供がやるものだ、と言われた時も「ああ、そう。」と聞き流した。そう思う人が存在するのも無理はない。何かを否定しないとマウントを取れないためだ。様々な価値観がある以上、そういう価値観だって必要だ。それを情報として蓄えておき、自分とは相性が合わないのだから、学ぶところだけ学んで後は聞き流せば良いのだから。

昨今、様々なゲームの配信やカードゲームの紹介、ボードゲームなど本当に楽しそうなコンテンツが世の中にある。どれもこれも、楽しそうだ、やってみたい、という印象を持つ。そしてそれに熱中している人達の顔つきもまたいい。熱中出来る何かがあるのは素敵ではないか。大人になって趣味らしい趣味を失うのは怖い。今は何かに熱中して楽しい顔が出来ているか、それが気になるところである。

お問い合わせ

セレッソ大阪のスポンサー活動


ページの先頭に戻るPAGE TOP