小中高の個別指導・家庭教師派遣・こども英会話・語学スクールなら、個別指導のアップ学習会

個別指導アップ学習会
お申込み・お問合わせ
代表日記

2009年6月アーカイブ

坂本龍馬

 2010年のNHK大河ドラマは、「龍馬伝」!

福山雅治が演じる坂本龍馬ということで、男性のみならず女性にも話

題になりそうだ。


 龍馬について語ると熱く延々と語れる人は私の周りにもたくさんい

るが、京都の人で、まちづくりなどもビジネスもしくはボランティア

で行っているある経営者の方と知り合いになった。つい最近「龍馬 

幕末をゆく」(定価300円)という冊子を作られて、これがかなり

人気で売れているらしい。おりょうと密会していた神社など、あまり

知られていない場所が載っており、また京都の一部でしか手に入らな

いからとのこと。


 私もほしい人がいたらお渡ししようと思って弊社の本部に置いてあ

ります。残り8冊だけですが、もし欲しい人がいましたら、私もしくは

中百舌鳥本部までご連絡ください。



世界遺産検定

 来週27日土曜日、ついに世界遺産検定の試験日が迫ってきた!

アップ学習会の本部が試験会場にも認定されている。

公式ガイドも購入した。


 ただ、全く勉強できていない。このままでは・・・。

 
 試験前の生徒たちの気持ちが分かっていい機会になった!とか

そんな冗談をいっているが、実際はかなりあせってきた。

あと1週間でなんとかなるのかどうか。


 世界遺産は、子どものときから個人的にすごく好きで、色々見て回

った。 それらから 歴史・文化・芸術・環境・自然など考えさせら

れることは多い。


 ひとりでも多くの子ども達に興味を持ってもらいたい。

だから今回、私たちの学習塾を会場にして、私自身も受験してみよう

と思った。
 



キッザニア

 私が発起人でもある若手経営者の会で「キッザニア」を見学に行っ

た。この会は、政治・経済・教育を勉強する会で、まさにキッザニア

は今注目の体験型教育ビジネス?ということでぴったりである。


 その中では、子どもたちがイキイキと仕事体験をしている。

あこがれの職業を体験している。憧れの制服を着る、憧れの車に乗

る、普段目にするお店の人になる、夢いっぱいである。我々、大人も

やってみたいものがいっぱいの体験型テーマパークである。


 将来なりたい職業や夢がない子どもに、単に勉強をがんばれと

言うのもどうか。 とはいえ早々と将来の職業を決めるのもどうやっ

て決めればいいのか、子どもたちにとっては難しい。


 だから我々アップ学習会は少しでもそのきっかけになるような何か

ができればと今までも取り組んできた。まさにキッザニアのようなこ

とをやりたいとも思っていた。


 もちろん同じような規模ではできない。

でも体験型教育の本質は、規模ではなく、子ども達に何を感じてもら

えるかが大事。


 そう考えると、もっとこうしたらいいとか、アイデアがどんど

ん浮かんでくる。必ず私たちの塾でも、本当に子ども達のためにな

り、保護者に喜んでもらえる体験教育をやりたいと思う。


 実は今、企画を練っていて、早ければ年内、遅くても年明けには

地域が一体となって創る体験型教育イベントを開催したい。

ただ今、協力してくれる人・企業・店を募集中です!



講師研修会・コーチングセミナー

 先週の土曜日、弊社で定期的に行っている講師研修会を開催した。

今までは、中百舌鳥にある産業振興センターをお借りしていたのです

が、人数的に入らなくなってきたので、今回は初めて鳳になる堺市の

研修会場をお借りした。


 今回の研修のメインは、コーチングセミナー!

日本スクールコーチングの会長をお招きして、興味深いお話と、

実践的なコーチングを学んだ。実際に講師同士がペアになり、

コーチングを体験したので、あっという間に時間が過ぎた。


 講師というのは、ただ単に勉強を教えて成績を上げればいいという

ものではない。 生徒たちはいろんな悩みを抱えている。

解決するということは私たちにできないかもしれないが、

聞いてあげることはできる。


 
 「答えは子どもたちの中にある!」


  
 「聞く」ではなく「聴く」のほうがあっている。

耳と目と心できく!


  このコーチングの会長は、堺市や大阪なら誰もが知っている大手

学習塾の元社長で、ご縁があり、個人的に親しくしていただいてい

る。


 メダカの世話が趣味で、今年もたくさんのメダカが生まれて育って

いるとのこと。ちょうど私もメダカを飼っていて、少し数を増やした

いなと思っていたところ。 なんと、いただけることになりました!

(研修とは全く関係ありませんが・・・)



« 2009年5月 | メインページ | アーカイブ | 2009年8月 »