小中高の個別指導・家庭教師派遣・こども英会話・語学スクールなら、個別指導のアップ学習会

個別指導アップ学習会
お申込み・お問合わせ
代表日記

2009年4月アーカイブ

大学生からのお礼メール


 毎年、弊社では大学生のインターンシップを受け入れており、それ

が新たな視点で弊社や私自身を見つめなおすいい機会になっている。

最近、インターンシップで来た、某国立大学の女子学生から下記のよ

うなメールをもらい大変嬉しかった!

吉村さま

このたび、御社でインターンシップをさせて頂き、
ありがとうございました。それに加え、夕食もご一緒させていただき、本当に恐縮しております。ありがとうございます。

今回のインターンシップの中で、
特に昨日はたくさんの企業の方との打ち合わせに同席させて頂き、
本当に良い経験をさせて頂きました。
恐らくこのような機会は社会にでたら、そう簡単にできることではないと思いますので、今日の経験をしっかり心に残しておきます!

吉村社長をはじめ、パーソナル・サポートの皆様の働く姿を見ていて、活力を感じました。それと同時に大変なこともあるとは思いますが、仕事を楽しんでいる、という印象を受けました。
「働く」とはこのことだ!と感動し、
私が社会人になった時、こうなりたい、と心から思いました。

そしてこのインターンシップ中に一度私が「子供はあまり好きではない」と言った時のことを覚えていらっしゃいますか?
私がこのことを言うと、普通周りの人は
「かわいいのに。」や「信じられない。」とか挙句の果てには
「心が冷たい」などと言います。
でも、吉村社長は「嫌いな理由はなんだろうか」と真剣にその理由を
尋ねてくださり、私が「泣くから」と答えると
理不尽な態度をとるのは子供だけではなく社会に出たらいっぱいある、と
現実のことと関連させて真剣に答えてくださいました。
普段の会話なら流してしまうようなことに関心を向けてくださいました。
私はこの時、まさかそのような答えが返ってくるとは思っていなかったので、少し焦ったのと同時に、そういわれてみると、
子どものことを嫌う理由は意外と少ないないと思いました。

他の人ならとりたてないようなことを意識する社長の姿に感動した瞬間でした。

最後になりましたが、社員の方にもよろしくお伝えください。
吉村社長の計画が実行されることを、
心から願っております。
今後ともよろしくお願い致します。


 以上が学生からのメールです。

 このブログは就職活動の方もたくさん読んでいると思う。

弊社では採用選考の中で、仕事見学・職場見学を行っている。

ぜひ弊社の活気を見ていただきたい!

ぜひ弊社の社員の姿を見ていただきたい!

たしかに仕事ですから大変なことも多い。

実際、私たちも常に限界まで働いている。


 が、全社員、一人ひとりがイキイキと仕事している!

やりがいを持って、夢を持って仕事している!


 もちろん選考は厳しい。

ここのところ、会社説明会は告知して、一日二日で必ず満席になる。

非常に多くの応募を頂いているので、実際、採用は1%以下という

狭き門となっている。


だが一度ぜひ会社見学に来られたら、こんな会社で働きたいと

必ず思ってもらえる自信があります!


 



ある幼稚園で

 5月のイベントの打ち合わせで、ある幼稚園を訪れた。

今日は休園日で、誰もいなかった。

この幼稚園は、ボランティア活動でいつもご一緒させていただいてる

方が理事長をされている。


 園でポニーを飼っていることや、理事長の話からすると、ここでは

非常にのびのびと子どもたちを育てていることが思い浮かぶ。


 大きな体育館も魅力的だ。

全く別物ですが、何年か前に訪れたイタリアの大聖堂を思い出した!

(名前は覚えてませんが。)


 とても高い天井、広い空間、そして静けさ。


 最近、私は考えないといけないことが多い。

情報も多く入ってくるので判断も難しくなっている。

じっくり慎重に考えないと答えが出ない。

その出した結論で、5年先が決まる。


 もう一度、あの大聖堂に行って、考える時間を作りたい。

 



新入社員

 この時期、私はどのお店・会社に行っても、そこの新入社員に注目

してしまう。 ぱっと見て、新人さんだなってわかりやすい。


 みんな一生懸命、活き活きと仕事している。

元気のよさ、笑顔などは素直に微笑ましい。

 私たちの会社にも新入社員や新人講師がたくさん入社している。

毎日毎日、研修と実践で大変だなって思うがみんながんばっている。


 あの新人の頃の期待感や緊張感はなかなか味わえるものではな

い。だからこそあえてこの時期、先輩として私たちも意識して緊張感

を持って仕事しなければならないと思う。



« 2009年3月 | メインページ | アーカイブ | 2009年5月 »