大阪市南巽教室ブログ


≫教室の詳細はこちら
09月 04, 2017

ヤバいは恥だが、伸びもする!

9月に入りましたね。

南巽教室も長かった夏期講習が先週末で終わりました。生徒のみなさんも講師のみなさんも

お疲れ様です。

とはいえ生野区、平野区、東成区の生徒さんは825から学校でしたね。

東大阪市は9/1からでした。

 

学校も始まって、みなさん調子どうですか?

 

この質問を良く生徒に聞きます。

あえて漠然とした聞き方をするので“何がやねん?”といわんばかりに

「まぁまぁです」と答えてくれる生徒もいるなかで、

「…やばいです。」と浮かない顔で答えてくれる生徒や

「マジでやばい!どうしたらいいですか!?」と元気いっぱいに焦っている生徒もいます。

 

ヤバい!!

 

この言葉、よく耳にします。特に夏休みの終わる1週間前くらいからは

 

おそらく、危機感や恐怖感や焦りを一言でまとめてくれているのでしょう。

 

もう少し言葉のバリエーションはあってもいいかなと思いますが、自分の調子を「ヤバい」と

いえる生徒は

ヤバい=自分を客観的に見たときに理想と比べ、自分はまだ出来ていないところ、していないことがある

また目標クリアに間に合わないのではないかという恐怖感を持っている

 

という認識があるがうまい言葉や表現が見当たらないともとらえることができます。

 

確かにはたから見て、本人がいう様に、目標クリアするために今のペースでは明らか勉強量と時間がたりていない

このままでは“ヤバい”という生徒さんもいます。

 

逆に夏休みほぼ毎日長時間勉強していた生徒さんは、はた目から見ていても学力はもちろんですが

計画性や勉強への向き合い方が成長していますが、本人は“まだまだ”と感じている生徒もいます。

 

みたことありませんか?

”やばい、全然勉強できへんかった”っていうやつほど点数とれていて

”俺天才やから余裕や”いうてるやつがそのまま突っ走って撃沈しているところ

勉強すればするほど現実が見えて焦るものです。

 

個別指導ですから、学年や現状の理解度、目的・目標に向けての課題は人それぞれで進めていますが

全員に平等といえることは、時間は同じであること。

 

1日は24時間であり、1年は365日なのは学年、理解度、目標が違っても変わりませんよね。

 

部活や習い事が忙しいから勉強時間がとれないというのは、実際そうなのかもしれませんが

24時間の使い方としてそちらに時間をかけると決めたのはその生徒さん自身です。

ただ、部活や習い事も“勉強”の一つです。

 

でも決して学校や塾での課題ができないという理由にはしないでほしいです。

 

“ヤバい”と感じているあなた、その通り!あなたには課題点があるはずです!それを一緒に解決していきましょう。

クリアしたときは次の“ヤバい”が出てくるはずですが、それも自身が伸びるため素質です。

 

逆に“ヤバくない”“まぁまぁ”と思っているあなた。本当に大丈夫ですか?

ヤバいということや感じることは恥ずかしいと感じるかもしれませんが

目標達成は制限時間がありますよ。間に合いそうかどうか、少し自分を見つめてみましょう。

 

 

☆今回の豆知識☆

ヤバいは恥だが、伸びもする!”

 

このタイトルは某ドラマのタイトルのパクリやん!と思った方も

いるかもしれませんが、そのドラマタイトル自体ga

ハンガリーの諺(ことわざ)からパクったものらしいです。

気になる方は……自分で調べてみましょう笑

この記事は 461 人に閲覧されました。

≫教室の詳細はこちら

ページの先頭に戻るPAGE TOP