大阪市弁天町教室ブログ


≫教室の詳細はこちら
02月 18, 2021

『四天王寺(建てたのは聖徳太子)はお寺なのに、なぜ鳥居があるのでしょうか?』  個別指導アップ学習会 弁天町教室 大阪市港区

みなさん、こんにちは。

弁天町教室です。

 

大阪のど真ん中にある

四天王寺はみなさん、知っておられますか?

行ったことがある方も多いと思います。

 

四天王寺はお寺です。

しかし、入り口に何と鳥居があるのです。

なぜでしょうか???←答えは終わりに!

 

しかもこの鳥居は『日本三鳥居』のひとつみたいです。

 

鳥居もですが、

やはり五重の塔が有名ですね。

非常に美しく立派で、外からも普通に見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

四天王寺はそもそも聖徳太子が推古天皇元年(593年)

に創建されたのですが、

五重の塔は7回も地震や台風や戦争の影響で

建て替えがされたのです。すごい歴史ですよね。

 

是非、人込みを避けて、行ってみてください!!

 

※答え

一般的によく言われるのは、神仏習合です。聖徳太子の時代は神道と仏教派の戦争があったので、神も仏も両方大事にしないといけないという考えから、本来神社の前に建てられていた鳥居が、寺の前にも建てられたという説です。

 

◆◇インスタグラムのご案内◇◆

「アップ学習会」で検索してください。

教室の様子を日々更新しておりますので是非ご覧ください!

 

https://www.instagram.com/appu_gakushukai/

 

この記事は 113 人に閲覧されました。

≫教室の詳細はこちら

ページの先頭に戻るPAGE TOP