東大阪市布施北口教室ブログ


≫教室の詳細はこちら
11月 17, 2020

「野口聡一さん」 アップ学習会 布施北口教室

 

こんにちは!

アップ学習会 布施北口教室です。

皆さんは野口聡一さんという方をご存じでしょうか?

 

宇宙が好きな方ですとか、あるいは、最近のニュースでも取り上げられていたので、

ご存じの方も多いかと思われますが、この方は日本を代表する有名な宇宙飛行士です。

 

今回はこの方についてのあるエピソードをご紹介したいと思います。

 

野口聡一さんと同じくして宇宙飛行士の試験に臨んだ長沼毅さんという方おっしゃっていたお話ですが、その野口さんたちが受けた宇宙飛行士の試験の中で、肝機能に関する試験があったそうです。

このテストは特に何が正解かは知らされませんでしたが、この試験に対して受験者は二つに分かれたそうです。

一つは肝機能のすばらしさを実証するためにやたら尿を出していたという人と、宇宙飛行士になって宇宙空間に行くのだから、そんな頻繁に尿を出してはいけないと我慢する方とこの二つに分かれたそうです。

結果、この試験は野口さんが合格されたそうです。

では、野口さんはこの試験をどのように受けられたのか、長沼さん曰く、野口さんは特別尿を出したわけでもなく、我慢したわけでもなく、変わりなく普通に試験に臨まれていたそうです。

 

他の試験においても野口さんは特別これが秀でている、あるいは苦手ということはなく全てにおいて平均的だったそうです。

 

そんな野口さんに長沼さんは思わず「君は偉大な凡人だね」と言ったそうです。

 

このエピソードからは、野口さんは全てにおいて平均を取り続ける凄さと周りに影響されずただ、普通に試験に臨まれていたその不動さを伺えることができます。

 

皆さんはこのお話を聞いてどう感じられましたか?

友だち追加

この記事は 15 人に閲覧されました。

≫教室の詳細はこちら

ページの先頭に戻るPAGE TOP