大阪市玉造教室ブログ


≫教室の詳細はこちら
08月 10, 2017

花火での注意事項 アップ学習会 玉造教室

こんにちは。アップ学習会玉造教室です。

夏休みもあと半分くらいになり、もうすぐお盆ですね。夏休みの宿題は進んでいますか?
ギリギリまで残しておくと、後がしんどくなるだけですので、今のうちからでもやっておきましょう。
さて、夏になりましたら、花火大会の季節になりました。花火を見に行くこと&自分たちでやることも多くなるのでしょうか?
花火は火を扱うので、注意をしないとやけどをしてしまいます。そこで、今回は花火をする上での注意点を紹介したいと思います。

yjimage (12)

 

1.水の入ったバケツを用意
使い終わった花火を入れて、完全に消化するために用意をします。水で消化せず使用済みの花火を放置すると、他の燃えやすいものに火が移り、火事になる可能性があります。ゆえに、水は必ず用意をしてください。

2.1度に大量の花火を火につけない
花火は1本ずつ火をつけましょう。1度に数本の花火をつけますと、火が大きくなり、燃えやすいものに燃え移ったりしますので、大変危険です。

3.花火を人に向けない
人に向けて花火をすると、やけどを負ってしまう可能性があります。なので、絶対に人に向けて遊ばないようにしてください。

 

yjimage (13)

以上です。
花火はみんなですると楽しい遊びですが、1つ間違いをおこせば大きな事故になってしまう可能性もあります。なので、注意事項を徹底的に守って安全に遊びましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます!
ぜひこの記事をお友達に広めてください!
10 views

≫教室の詳細はこちら

ページの先頭に戻るPAGE TOP