集中を奪う言葉について アップ学習会 千鳥橋教室 | 大阪の個別指導の学習塾ならアップ学習会

大阪市千鳥橋教室ブログ


≫教室の詳細はこちら
08月 07, 2018

集中を奪う言葉について アップ学習会 千鳥橋教室

こんにちは。アップ学習会の千鳥橋教室です。

今回は子供の集中を奪ってしまう言葉についてお話したいと思います。

 

お子様に集中して勉強してほしいと思っている保護者様が多数ではないでしょうか?

私も保護者の立場であるならば集中して勉強してほしいと思います。

しかし、普段何気ない言葉で子供の集中を奪ってしまう言葉があるので、今回はその言葉の具体例を紹介します

 

「晩御飯できたから、冷めないうちにご飯を食べなさい」

「お風呂に先に入りなさい」

「洗濯したいから服を出して」

 

上記以外にもありますが、共通していえることは子供が集中しているときに、

ご飯食べることやお風呂が勉強の妨げになっているということです。

勉強以外でも何かに没頭しているときは邪魔をされずにやりたいって気持ちがわくと思います。

それは大人に限らず、子供でも同じことが言えます

 

もし集中しているときは、邪魔をせずに温かく見守ってあげることで、集中力が身につきます。

勉強しなさいと言いたい気持ちはわかりますが、そこをこらえて見守ることもぜひやってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


≫教室の詳細はこちら

ページの先頭に戻るPAGE TOP