夏期講習

見出し
見出し

小学生のみなさんへ

知っておきたい ! 英語教育改革の現状とこれから
2018年度の大幅な改革に向け、今から準備が必要です!


現在の文法メイン型英語学習では、英文和訳や文法、単語の暗記などに重点が置かれていますが、新課程では、小・中・高を通して、英語で討論や交渉ができるような英語技能をはぐくむ学校教育へと移行します。
英語にニガテ意識をもつ前に、この夏からスタートしよう!!

◆講座内容

算数国語の復習と予習パック
算数・国語の[読んで書く学習]+理科の[作って触って考える学習]で深まる理解


英語特訓講座
今のレベルに合わせて、どのタイミングからでも英語を始めることができます。


漢字検定対策講座
漢字検定の受験級合格に向け、専用教材を使用して対策を行います。


計算漢字特訓講座
重要視される復習・反復。繰り返し学習する習慣をこの夏で身につけましょう。


中学受験パック(1:2指導)
しっかりと目標を定め、スケジュールを策定し、計画通りに実践していくことが達成に繋がります。


私立・国立生パック(1:2指導)
一人ひとりの目標に合わせて、集中的かつ効果的な指導を行います。

中1・2生のみなさんへ

2学期のスタート ココがキケン!!

中学生の2学期は危険がいっぱい。
楽しかった夏休みの後に待っている危険を回避するためにも、しっかりとした準備が必要不可欠です。
自分のペースで無理なく進めるためにも、まずは知識を入れておきましょう!

授業内容に要注意!
特に英語・数学は、1学期の学習内容の活用・応用が主となります。
つまり、1学期の学習内容を理解していなければ、2学期の内容は全く理解することができません。1学期の学習内容を理解していたとしても、しっかりと学習をしなければ、2学期のテストで満足できる点数を取ることは困難です。

授業スピードに要注意!
そもそも2学期は学習量が多いため、学校の授業スピード自体がやや早くなります。
それに加えて、夏休み約40日間という長期期間中の学習を怠ってしまった場合、勉強に慣れるまでに時間を要しますので、必然的にさらに早く感じることになります。
少しの遅れが後々、大きな遅れとなり取り返しが難しくなります。

実力(宿題)テストに要注意!
夏休み期間中にしっかりと勉強していたかどうかを試すテストです。
つまり、このテストで良い点数が取れなければ、夏休み中に勉強していなかったとみなされてしまいます。


◆講座内容(中1生)

英数サキドリ予習パック+実力判定テスト
主要2教科「英語・数学」の予習をし、2学期での点数UPを目指します!


英数ゼンブ復習パック+実力判定テスト
主要2教科「英語・数学」で、1学期の内容を総復習します。


1教科テッテイ復習パック+実力判定テスト
苦手教科、力を入れたい教科を徹底的に復習します。


教科別ココダケ選択パック+実力判定テスト
自分に合わせて選べる講座が8種類!教科も5教科から選択できます。


私立・国立生パック
一人ひとりの目標に合わせて、最適なカリキュラムで指導を行います。



◆講座内容(中2生)

英数ゼンブ復習パック+実力判定テスト
主要2教科「英語・数学」で、1学期の内容を総復習します。


1教科テッテイ復習パック+実力判定テスト
苦手教科、力を入れたい教科を徹底的に復習します。


英数サキドリ予習パック+実力判定テスト
主要2教科「英語・数学」の予習をし、2学期での点数UPを目指します!


教科別ココダケ選択パック+実力判定テスト
自分に合わせて選べる講座が8種類!教科も5教科から選択できます。


私立・国立生パック
一人ひとりの目標に合わせて、最適なカリキュラムで指導を行います。


中3生のみなさんへ

高校入試は、まだまだ先の話だと思ったら、大間違い。

高校入試はまだ半年以上も先なのに、なぜ、塾の先生や学校の先生が「早く受験勉強をしなさい」とみなさんを焦らせるのか、わかりますか?

思い出してください。
中学に入学してから今まで、定期テストが何回ありましたか?
1回のテスト勉強は、テストの何日前から始めていましたか?
また、何日前からテスト勉強を始めれば、もっといい点数が取れたと思いますか?

思い出せましたか?
定期テストは、1学年5回あります。
そして、テスト勉強は最低でも2週間前からです。

では、高校入試はどうなのか。
高校入試の出題範囲は「中学3年間の全て」です。
1回の定期テストの勉強が最低2週間必要。
年間5回の定期テストがあるので、1学年分の勉強期間が最低でも10週間分。
これが3年間分だと、、、30週間分。
入試のための勉強には30週間必要ということです。
30週間とは、約8ヶ月に相当します。
6月から始めると、8ヵ月後は1月末です。まさに高校受験のど真ん中です。
つまり、6月初めが、定期テスト2週間前と同じ時期なのです。

だから、塾の先生も学校の先生も「勉強しなさい」と言うわけです。
焦って、気がついてからでは遅いのです…。
始めるなら『今』がギリギリの時期なのです。

今なら間に合う。一緒に始めよう!

中3生のみなさんへ

あなたの『実力』を『合格力』に

入試で合格を勝ち取るためには、単に問題が解けるだけではなく、"入試"という独特の雰囲気・緊張感の中で、しかも決まった時間内に、実力を出し切れなければいけません。
その力が『合格力』です。『合格力』を身につけるのが入試対策プログラムの目的です。
これは短期間で養えるものではなく、また、やみくもに問題を解くだけでも身につきません。
長期的、計画的な準備が必要です。


◆講座内容

5教科ゼンブ入試対策
レベル別要点復習でしっかり5教科ゼンブの基礎固め。選択単元で応用力育成!!


3教科ダケ入試対策
主要3教科(英数国)をレベル別要点復習で基礎固め。選択単元で応用力育成!!


1教科テッテイ復習パック
苦手教科だけを専用カリキュラムで徹底的に復習します。


2学期サキドリ英数予習パック
英語・数学の予習をし、2学期での点数獲得を目指します。


私立・国立生パック
一人ひとりの目標に合わせて、最適なカリキュラムで指導を行います。

▼『合格力』とは?

①基礎力
基本的な文法や単語、公式といった基本的な知識のことで、この力がないと問題が解けません。この基礎力は入試直前まで高め続ける必要があります。

②応用力
複合的に知識を組み合わせて問題を解く力で、“問題を読み解く力”が必要です。実力テストや入試ではこの能力が必要となります。たくさんの問題に取り組むことで、この応用力を高めることができます。

③得点力
自分の実力を本番で発揮する能力です。テストで得点するためには、本番の緊張の中で、問題を取捨選択し、時間内に回答する力が必要です。この力は単に問題を解くだけでは身に付きません。

アップ学習会の【入試対策】が選ばれる理由

①ムダなく得点につながる勉強をする
今から中学の学習内容を全て復習していくのはとても大変。 ダカラ、“ムダなく”しかも“できる”ようになる勉強が必要!

②入試本番の雰囲気に慣れておく
緊張してしまい、本番で実力が発揮できなかった…。なんていうことがよくあります。 ダカラ、本番に近い雰囲気・形式での練習が必要!

③今から入試のための勉強も始める
これまでのテスト勉強でも、時間が足りなかったという経験はありませんか? ダカラ、失敗できない高校入試では、今から入試のための勉強を始めることが必要!

④合格するための戦略的な対策をする
入試で出題される問題は一筋縄にはいきません。やみくもに取り組んでも意味がありません。 ダカラ、入試問題を解く際に必要なことを意識しながら、戦略的な勉強が必要!

高1・2生のみなさんへ

1.通常授業ではできない実力錬成を
通常授業では苦手教科を中心に、学校の進度に合わせての授業となっている場合が多いです。当然、長期休み中にさらに 苦手克服を進めることは良いことでありますし、学習効率を上げるうえでも重要なことです。
しかし、どうしても後追いになってしまいますので、この時期に模試などに向けた実力錬成を する時間として考えてみるのはいかがでしょうか?

2.一人ひとりの予定に合わせて受講可能
部活・習い事・補修などなど、長期休み中は何かと忙しい時期でもあります。 しかし学生の本業は勉強をすることです。勉強以外のことと両立させるという意識を持つことが非常に 重要なこととなってきます。有意義な長期休みを過ごすためにも、スケジュールを調整し、学習に励みましょう。

3.一人ひとりの到達度に応じた学習プログラム
目指す目標は一人ひとり異なります。だからこそ、一人ひとりの学習方法、カリキュラムが必要なのです。 そして、アップ学習会では一人ひとりの目標とその学習方法に応じた指導を行っています。 無駄なく目指すことのできる目標。
自分一人だけで頑張らず、アップ学習会の先生たちと一緒に頑張りましょう。


◆講座内容(高1生)

英文法・英語長文講座
夏休みの間に最重要科目を効率的に学習します。


英語Ⅰ・英語Ⅱ講座
夏休みの間に最重要科目を効率的に学習します。


数学Ⅰ・数学A講座
学校の進度に遅れないように、この夏でしっかりと学習します。


現代文・古典講座
学校の進度に遅れないように、この夏でしっかりと学習します。


オーダーメイド講座
各教科の中からあなたにピッタリの講習をつくります




◆講座内容(高2生)

英語構文・英語長文講座
夏休みの間に最重要科目を効率的に学習します。


数学Ⅱ、数学B講座
学校の進度に遅れないように、この夏でしっかりと学習します。


現代文Ⅱ、古典Ⅱ講座
学校の進度に遅れないように、この夏でしっかりと学習します。


オーダーメイド講座
各教科の中からあなたにピッタリの講習をつくります

高3生のみなさんへ

入試科目や制度を調べ、志望大学や学部を決めましょう。
大学受験を勝ち抜くには、まずは志望校の入試制度をよく理解することが大切です。
大学入試には、学力を中心に問う一般入試のほか、推薦入試やAO入試といった方式も増えてきています。
それぞれの入試の特徴や違いを知って自分にあった受講内容を先生と相談しましょう。


◆講座内容

国公立理系入試対策講座
国公立理系受験に向けて、センター対策と2次対策をバランスよく進めます。これまでに習った内容に加え、出題傾向に合わせた対策を実施していきます。

国公立文系入試対策講座
夏休み期間中の“苦手科目の克服”“2次試験対策”“全科目の基礎固め”がポイント!!


私立理系入試対策講座
夏休み中に試験科目の基礎をマスターし、秋以降の赤本対策に備えます。


私立文系入試対策講座
私立文系受験に向けて、志望校の試験科目に応じた受験対策を進めます。苦手克服など、基礎力強化に加え、出題傾向に合わせた対策を実施していきます。


科目別対策講座(英語)
夏休みの間に最重要科目を効率的に学習します。


科目別対策講座(数学)
夏休みの間に最重要科目を効率的に学習します。


科目別対策講座(国理社)
夏休みの間に最重要科目を効率的に学習します。


単元別講座
1単元につき4回の授業を行います。克服したい苦手単元などをピンポイントで集中的に学習していきます。

お問い合わせ

セレッソ大阪のスポンサー活動


ページの先頭に戻るPAGE TOP