西宮市鳴尾教室ブログ


≫教室の詳細はこちら
06月 11, 2018

紫式部と和歌

紫式部をご存知でしょうか、というのもどうかと思うくらい有名な人物です。

あの源氏物語の作者ですね。

この「雲隠」という巻をご存知でしょうか。雲隠は41巻にあたり、現在、本文が存在しません。この話の間、源氏が亡くなります。

雲隠には色々な説があり、元々本文が存在していなかった説や、存在したが紛失されてしまった説があります。ただ、巻の名前だけつけてその間のことを想像してもらう…といった現代作者も驚きの方法を取っていたとしたら。1000年も昔に。すごいことだと思います。

こうしたどうだったんだろう、を想像するのも1つの魅力ですね。

 

さて、紫式部の短歌は

 

めぐりあひて みしやそれとも わかぬまに

くもがくれにし よはのつきかな

 

ここにも雲隠が出てきました。雲隠、真相は一体何でしょうね。

この記事は 150 人に閲覧されました。

≫教室の詳細はこちら

ページの先頭に戻るPAGE TOP